葬儀でのマナー・基礎知識をご紹介しています。

お焼香の仕方

基本的は仏教での焼香の方法

1.抹香を右手の親指と人差し指、中指の3本の指でつまみます。

2.つまんだ抹香を目の高さまで捧げるのですが、このときに、手のひらを返したり、左手を添えることはしません。※宗派によって異なります。

3.静かに抹香を香炉へ入れる。

4.故人又はご親族に対する思いを込めて、合掌する。

※浄土真宗は香を額におし戴かずに、つまんだ香をそのまま香炉に落とし入れます。

一般的な焼香の回数は2回なのですが、会葬者の人数が多い場合などは1回とする事もあります。
昔、焼香は部屋の死臭を消すことに使われていたと考える地域もあり、 回数が多いことは故人・遺族に対して臭いと言っているのと同じと考え1回とした事もあるそうです。
また、焼香は燃えて煙が出やすくなっていますので、もし狭い室内で焼香をする場合には、焼香を一回にしたり、焼香の量を少なめとるなどの行為をするようにしましょう。

神式の場合

1.神職からの榊の小枝を受けるときには、左の手のひらを上に向けて、葉の部分を持ち、枝の方は右手をかぶせて持ちます。

2.玉串(榊の枝)を受け取ったら軽く一礼し、玉串を胸の高さに捧げ、葉先の方を高めに持って神前に進みます。
一礼して、まず葉の方を神前に向け、左手を枝の方に持ち替え、右手は葉先の方に移し時計方向に180°回します。
この時、枝先は神前に向き、葉の方は体の方になる。 両手で玉串台へ供えます。

3.二礼して二拍子(弔事のときは音をたてない)のあと再度一礼し、 祭壇に向ったまま 2・3歩下がり体の向きを改め神職・ご遺族に一礼し退出します。

音を立てない拍子を「しのび手」といいます。

キリスト教の場合

1.祭壇に向うとき、係の人花が渡されるのですが、右手に花が、左手に茎がくるように渡されます。

2.霊前に進むときは、牧師・ご遺族に一礼し、茎が祭壇の方に向くよう右回りに手元に引き寄せ、 左手が上向きになるよう持ち替えてから、静かに献花台に捧げます。   (故人の方に茎・根がくるように置きます。)

3.祭壇に向ったまま、キリスト教式では手を組み合わせて黙祷しますが、 合掌や頭を低く垂れる等でも構いません。 牧師・ご遺族に一礼し退出します。