葬儀でのマナー・基礎知識をご紹介しています。

ルーマニアの葬儀

ドラキュラ伝説で有名なルーマニアの葬儀を紹介します。
ルーマニアではキリスト教や仏教などでなく、独自のルーマニア正教という宗教にほとんどのルーマニア人が属しているので、葬儀の仕方も独特といえるでしょう。

葬儀の前に

ルーマニアでは争議の前に、亡くなった死者の家まで運びその家の窓や扉をすべて開けておきます。その後死者の清掃へと移ります。遺体を水で洗うのですが、その遺体を洗ったときに使った水は誰も来ないような場所へと持っていかれ捨てられます。洗い終わった後に、爪を切ってその爪を死者の胸元へと置き、男性は髭をそり、女性は髪をといて死者の身体をキレイにしておくのです。
そして、葬儀用の衣装へと着替えさせテーブルの上へと乗せた後に両足をハンカチで結ぶのです。このように日本では考えられないような葬儀方法をルーマニアでは行います。

通夜

まずドラキュラ発祥の地らしく、棺へと遺体が入れられます。死者の胸にはろうそくが置かれるのですが、そのろうそくは死者が死後向う世界へと迷わずにいける明かりとして葬儀の間灯されます。そして死者を悪の力から守る為に通夜を3日間行い多くの参列者を向えて長い夜を過ごすのです。

葬列

通夜が終わると葬儀が行われます。その葬儀には故人とあまり親しくない村人が多く参列し、葬儀場の司祭が行う故人への説教を聞くのです。その説教も決まったものではなく、葬儀に参列した人々の心を掴む説教を行います。説教というよりも演説といったほうが近いかもしれません。その後、協会で即席の哀歌が歌われ使者への最後の挨拶をします。

結婚式

ルーマニアではちょっと珍しい風習もあり、結婚せずに死んでしまった若者へは葬儀の中で結婚式を行います。相手としてもみの木が使われます。

埋葬

埋葬をする墓地につくと、まず司祭が祈りを行ってその後埋葬が始まります。それがすむと埋葬に参加した人々は同じ道を戻って喪家に戻り、家に用意されている弔い用のパンを参列者全員で分け合うのです。

BACK