葬儀でのマナー・基礎知識をご紹介しています。

お香典の表書きと金額

香典袋の書き方は中々書くものでもない為忘れやすく、しかも宗教によって違いがあるので難しいものです。それに東京や大阪、埼玉で葬儀を行う場合と、北海道や沖縄など地方で葬儀を行う場合でも若干の違いが出てきます。また書き方だけではなく香典袋に入れる金額というのも頭を悩ませる一つと言えるのではないでしょうか。そんな香典について色々とご紹介していきたいと思います。

仏式の香典の表書き

仏式の表書きには、御霊前、御香典、御香料、御仏前、御香華料、御悔、御弔料、御供など色々とありますが、主に御霊前、御香典、御香料と書くのが一般的でしょう。
葬儀の宗教形式が判らないときは、 最も一般的な御霊前ですが、 「※使えない宗派」がありますので注意が必要です。( ※ 「御霊前」は、宗教に関係なく使用できますが、浄土真宗には使用できません。 浄土真宗では「御仏前」と書きます。 )

神式の香典袋の表書き

御霊前、御玉串料、御神前が一般的です。

キリスト教の香典の表書き

御花料(お花料)、 献花料、御神饌料、御霊前、御白花料があります。御ミサ料はカトリックのみ使用。 プロテスタントは、御花料(お花料)、弔慰料。

相手の葬儀の宗派がわからなくて香典の表書きに困ったら、 御花料(お花料)、献花料はカトリック、プロテスタント共に使用できます。

香典の相場

香典の金額というのも中々頭を悩ませてくれますよね。葬儀に弔問する時に、相場を知っていないと少ない金額を包んでしまい後で先方から冷たい目で見られないようにちゃんと相場を知っておきましょう。
香典の金額というのは、故人とどれぐらい親しかったかによって変わってくるでしょう。故人が自分の立場より上であれば薄く、下であれば暑くというように昔から言われていますので、故人との立場も確認する必要があります。また入れるお札に関しても新札のほうがキレイに見えるのでよく取られがちですが、それはお祝い事とかに出すものなので、香典へ入れるお札は新札は避け、少し使われているお札を入れましょう。またどうしても新札しかない場合は新札に折り目を入れてから香典へ包むと良いでしょう。

香典の金額

こちらでは香典の金額をご紹介してきます。しかしあくまでここで紹介する金額は目安ですので、参考程度としてご覧ください。

・仕事関係

仕事関係の場合、仕事先との力関係や年齢により金額も変わってきます。
金額はだいたい 3,000円〜というのが多いようです。

・上司・同僚・部下 

3,000〜2,000円くらいなのですが、香典を出す側の年齢により金額が異なります。 20代〜30代の方であれば3,000〜10,000円くらいが相場。

・近所の人

ご近所の方は3,000〜5,000円程が相場。地域により 3,000円が相場ところもあります。

・友人・知人・その家族

親しさの度合いにもよりますが、友人ですと、5,000〜10,000円・ 知人(知り合い)は、3,000円〜 5,000円が(地域差あり)相場かと思われます。

・親戚

一口で親戚と言いましても遠い親戚と叔父・叔母とでは金額が異なります。
親戚の近さにより 5,000〜30,000円ぐらいの相場となります。

・自分の兄弟姉妹

自分の兄弟姉妹の場合には30,000〜50,000円ぐらいが相場となってきます。

・自分の祖父母

10,000円〜

・自分または配偶者の親

地域差がありますが、50,000〜100,000円が相場。

香典の金額は、香典返しの金額との関係もありますので、 地域の香典 相場に合わせた方がいいと思われます。 香典の金額は、仕事関係の場合は上司に、親戚などの親族の場合は目上の人に 聞くのが一番無難です。

2017/1/24 更新