葬儀でのマナー・基礎知識をご紹介しています。

葬儀の服装と作法

◆通夜での服装

突然の訃報受けたときは急いで向うことになりますので平服のままでも構いませので、家に帰ってから喪服に着替えたりすることはしなくても良いでしょう。逆に着替えて言ってしまうと予想していたと思われかねません。訃報は急にやってくるものですので通夜へは平服で行くことをオススメします。
また忙しい方などは仕事の合間を見つけて弔問される方もいらっしゃると思いますのでその場合はスーツのままでも構いません。ですが、自分の上司だったり、取引相手の場合は喪服のほうが好ましいのですが、もし喪服持っていないから失礼にあたるといって出席しないよりは、スーツのままでも出席をすることが絶対良いです
また、先方も急なことで準備が整っていなかったり、気持ちの整理ついていない場合もありますので平服でよいのですが、その場合でも派手な服装は避けて地味目な服装にしましょう。男性であれば靴下やネクタイぐらいは黒に変えておくことが望ましいです。

◆葬儀・告別式の服装

葬儀と告別式への参列には礼服になるのですが、特に親しい間柄でないのであれば、黒でコーディネートされた平服でも良いです。基本男性の場合はダークスーツに黒のネクタイ、黒い靴でコーディネートをして、女性の場合には黒のスーツか黒っぽいワンピースに黒の靴で良いでしょう。また黒といっても光沢のあるものではなく、光沢のないものを選びます。

通夜の作法

◆仮通夜

亡くなられた直後に行う仮通夜は、本通夜の準備などで慌ただしく動いていることが多く、遺族の方も悲しみの打ちひしがれているときになりますので、仮通夜に出席するのであれば入り口での挨拶程度にしておくと良いでしょう。決して死因などは聞いてはなりません。また親し買った場合家に上がるよう進められる事もありますが、あまり長いはせずに早めに帰るようにしましょう。

◆本通夜

本通夜では焼香の後に通夜振る舞いをする場合があり、その際に食事が出されると思いますが、遺族が振る舞いとして出しているので、一口だけでもいいので出された食事には手をつけるのも作法です。本通夜も長いはせずに早めに帰るようにしましょう。

◆故人との対面

故人の遺体と対面の時には、遺族から進められない場合は遠慮しておきましょう。特に故人と親しかった場合には遺族のほうから対面して欲しいと声掛けを頂くと思いますので、その際には素直に受けましょう。

◆対面の作法

対面の仕方は、遺体の枕元から少し下がった場所に星座で座り、遺族への一礼の後に白布が外されたら正座まま近づきましょう。対面した後にもう一度遺族へ一礼するのですが、その時にお悔やみの言葉添えるようにしましょう。

pickup

Last update:2017/1/24